尼崎で歯医者を目指す整体院!?

尼崎市で他とはちょっと違う整体院をやってます。とは言っても普通に肩こり・腰痛・頭痛・肩痛・膝痛なんかの症状を手だけで施術していくだけ。骨盤矯正的なバキボキも入ってない、という優しいメの整体院です。ではなにが違っているのかと言うと・・・・
実は、リピーターの「少ない」整体院がウリであり、目標なんです。
そのわけは・・・。
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
リラク整体・かいつう館のめざすこと
 尼崎市南武庫之荘で整体をやっています、かいつう館です。
腰痛、膝痛、五十肩・四十肩、首痛、頭痛に生理痛の方。いろんなお客さんがアチコチから来られます。

かいつう館が目指すのは、「その場で結果をだしてあげたい」ということなんですね。

たとえば、今日、虫歯で痛くて痛くて・・・とします。
みなさんは歯医者さんの常連になりたいですか?
できればその場で、無理でも二回で治してほしい、痛みから解放してほしい。
そう思われますよね。

痛くて辛い人には当然のことだと思うんです。
整体院もその当然のことに真正面から取り組みたい。

私も整体を行うものとして、奇跡的な結果を出すことはできないかもしれないけど、可能な限り短期間で痛みをとってあげたいんです。理想は一回で、一回が無理なら二回目で、二回目がむりでもせめて3回目で。それが希望なんです。

そういう意味ではリピーターになってくださらなくてもかまわない。
リピーターの少ないことを誇れる整体院になりたい。

こういう風変わりな整体院が尼崎に一軒くらいあってもいいですよね(笑)。

公式ホームページ
| かいつう館の目指すこと | 15:28 | comments(36) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
住所・営業案内・連絡先
 かっこいいことを書いても、一体どこにあるねん!という話になりますので、まずは住所など。

リラク整体・かいつう館
尼崎市南武庫之荘2−17−20 サンワコーポラス1F
06-4962-3487

営業時間 午後1時40分から午後8時まで(電話は朝からつながります)。
定休日   毎週木曜日および第3水曜日(月一回、連休になります)

阪急神戸線 武庫之荘駅南東へ徒歩約6、7分くらい。

メールでのお問い合わせも承っております。
予約に関することは
kaitu-●ezweb.ne.jp
質問などは
kaituukankeitai●auone.jp
どちらも●を@に変えて送信してください。

| 住所・問い合わせ先 | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
料金とお時間
先に料金のことも書いていきます。

一回あたり5000円です。

60分5000円、、、と書かないところがミソです(笑)。
症状が何分で改善するか、やってみないとわからないので、施術にかかる時間はお客様によってマチマチなんです。

目安としては、だいたい、
60分から90分です。

昔は90分を超えることもあったのですが、経験的に、90分を超えるとあまり変化しなくなることがわかってきて、今の時間に落ち着きました。


冒頭にも書きましたが、たとえば、歯医者さんが時間制だったらおかしいな、って思いませんか?
「60分経ちましたので、まだ治療の途中ですが、来週もう一回来てください」て言われたら、「は??」って思いますよね。

だから、かいつう館は、30分いくらでも60分いくらでもなく、単に、
「一回、いくら」なんです。

もちろん、マッサージなどのリラクゼーション系は時間制でかまわないんですよ。。。

ですので、初めてかいつう館に来られるお客様は、どうぞ余裕のある時間帯を予約時にお伝えくださいね。初めての方は、最初にお話を聞かせていただいたりもしますし。
時間が一時間しかなければないなりに結果をだせるようにがんばりますが、できましたら(私よりも)お客様がゆったりとした気持ちでいられる時間に施術ができたら、とそう思っています。


公式ホームページ
| 料金 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
いくつかの特徴
 リラク整体・かいつう館の特徴

お得な回数券も、次回の予約もありません。

たとえば、回数券。仮に10回分で11回受けられるとします。
あなたは腰痛を11回かけて直していただきたいですか?
でも11回通わないと「損」な気がしますよね。
歯医者さんに行って、虫歯治療に回数券があったら変な気がしますよね。

逆に、こちらとしては施術に11回かけてもいいわけです。
一回や二回で治らなくても全然気にしなくてもいい、ということになります。
意識の密度が薄くなっちゃいそうです(私の場合です)。

-----------------------------------------------------------------------


次回の予約も、お仕事の都合で予約されて帰られる方はおられるんです。
でも、こちらからは、一切お声をかけることはありません。

その気持ちだけで、ずいぶん変わることがあります。
私の意識です。
もしかしたら二度目はないかもしれない、そう思うと「この一回」に全力を尽くさざるをえなくなります。

また予言者でもない私は、「次回、いつ来るのが最適か」なんて予測できません。
ですので、そう質問されたら「私なりの目安」をお答えしてあとはご自身の判断を信頼してもらっています。


結果的に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かいつう館は当日予約が入りやすくなります。
次回予約で一週間先までいっぱい、ということがなくなりますから。
「いま、痛い。今日しかない」という人を受け入れてあげやすくなるわけです。

もっとも、毎日「今日はお客さんが来てくれるだろうか」という心配をしなければなりませんが(爆)。


公式ホームページ
| かいつう館の特徴 | 16:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
整体の特徴
 リラク整体・かいつう館の整体の特徴を書いておきたいと思います。

整体といっても、首を捻ったり腰をバキッと鳴らしたり、といったことはまったくありません。
それをして効果があればいいのですが、直接的に因果関係は見受けられないように思うんですね。

というよりも、
今までの治療法でパッとした結果がでないのであれば、それを疑ってみる、ひっくり返してみる、そういうところから発想しています。

だから、整体法としてはいたってシンプルです。
たぶん、マッサージにか思えないかもしれません。
では、なにが違うのか、というと「発想」なんですね。

骨盤矯正をして腰痛が治らなかったのなら、それを止めてみたら?
腰を揉んで腰痛が治らなかったら、腰ではなくてお腹をもんでみたら?
腰にアプローチしても変わらないのであれば、腰以外に原因があるのでは?
・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・

腰痛なのに、お腹!?
首痛なのに、腰?腕!?
五十肩なのに、肘?胃!?

そんなとっても驚きの整体法ができました。

もし、どこに行っても変わらなければ、それはその治療法の想定している「原因」が合っていないのかもしれません。そういうときには、是非かいつう館にお声をかけてください。
「そんなこと、初めて聞きました」という声がかいつう館にはいっぱいです。


公式ホームページ
| 各種症例編 | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
たとえば腰痛の整体
 整体の発想が違うといって、では具体的には?

整体の中でも多い腰痛からまずはとりあげてみたいと思います。

腰痛だから骨盤の歪みだ、腰椎のズレだ、うんぬんという流れになってますよね?
それが原因だったら、骨盤の歪みを矯正したら、腰痛は消えないとおかしいですよね。
原因が直ったわけだから・・・。

でね、もしそれで改善しなかったのなら、骨盤は腰痛の原因ではなかった、って素直に考えちゃうんですよ(あくまで、そういう方の場合ですよ?)

リラク整体・かいつう館では原因の大部分を筋肉のバランスだと見ています。
特に、動かして腰痛がはっきりと感じられる方の場合はまずこれに当てはまります。


動かすと痛い。
動いてるのは?

筋肉です。

仮に腰を伸ばすのが痛いのであれば、腰を伸ばす際に動いている筋肉に原因があって、だからこそ腰を伸ばすときに痛いんだ、って考えていくんです。

ね?

そのままでしょ?

腰を右に捻ると痛い。
下のものをひろうときに腰が痛い。
イスから立ち上げるとき、寝起きに腰痛を感じる。

こういうふうに動きに関連して腰痛がはっきりするときは、動きのもと、筋肉に注目していくのが、リラク整体・かいつう館です。

私も同業の友人にむかしこの考え方を説明したことがありましたが、同業者であるほど、一蹴されました(苦笑)。「そんなアホな」って。

どうしても腰痛は骨のズレや歪みのせいにしたいらしいんです(苦笑)。

であれば、ズレを矯正して腰痛をちゃんと改善してあげたらいいと思うんですね。
もしその施術が終わるときに腰痛が改善されていなければ?
矯正がちゃんとできていないのか、原因が違っていたのか、だと思いませんか?
(急性期の腰痛や物理的なショックによるもの、その他、整体の領域でないものは含みませんよ)

このへんも、私が歯医者さんのように、という所以です。
虫歯を削って、痛みが治まらなかったら、治療がうまくいかなかったのか、痛みの元が違う。
それだけの話です、よね。


公式ホームページ
| 各種症例編 | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
たとえば五十肩の整体
 五十肩・四十肩・肩痛の場合の整体の考え方を書いてみますね。

病院で検査をしてもらったが異常はなかった、異常はないから五十肩でしょう、四十肩ですね、と言われた。

そういう話を良く聞かされます。
そうなんです、肩痛で原因不明だとまず40肩、50肩って診断されます。
もちろん、器質的に異常がみつかる五十肩もあるんですよ。でもそれは「異常ありません」て言わないですからね。

リラク整体・かいつう館は、上記の言葉をそのまま受け取ります。

検査して異常がなかったのであれば・・・
検査した肩に異常がない、ということか
検査項目以外に異常がある、ということか

このふたつに着目します。

つまり肩以外の異常で腕が動かなくなっているのか、
検査に写らないものー筋肉とかストレスとかーから腕が動かなくなっているのか。

ね?

シンプルだし、矛盾してないでしょ?

こういう見方を五十肩の整体に取り入れていくことで、それまで変化しなかった肩の痛みに変化がでることがあるのです。

そりゃ、肩に異常がなかったらいくら肩を治療しても変わらない・・・これも矛盾してないことですよね。

公式ホームページ
| 各種症例編 | 17:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
いわゆるメリットはないんですよ・・

一回一回、痛みをとりきるつもりでやってます。




「そんなこと、治療家なら誰でも思っていることだ。いちいち書かないだけだ」
そういうふうに言われたことがあります。
「ただの客寄せのためのインチキを書いているのだ」とも。



でもね。
書くほうとしてはそういうことを書いてもなんのメリットもないんですよ。



もし、一回で痛みをとり切れなかったら?
「なーんだ、口ほどにもない。期待してたのに」て思われて、期待を裏切ったことにより、二度と来てくれなくなる可能性が大ですよね。


もし、一回で痛みをとり切れたら?
もちろん、二回目はないですよね(苦笑)。


だからそう書くことで客寄せにはなっても、トータルではぜーんぜんメリットがないんです(笑)。
というかリスクが大きすぎ(爆)。



ただ、あえてメリットを書けば、
私の腕があがるかも、ってこと。


「この一回で結果をだそうと思ったら、なにをどうしたらいいのか?」
常に考え続けます。


もし、目の前のお客さんに対して満足のいく結果がでなかったら、次は見方を変えなければなりません。いわゆるメリットはないんです


何回やっても改善しない手法があるならそんなものはどんどん捨てていきます。
(書いた手前、そんなことをしている暇はないわけですから)


実際に一回でどうにかなった率は?自分ではちょっと把握できてませんが、常に目の前のお客さんには全力を出すしかない。
それだけ自分を追い込む原動力になってるんです。


だから、きっと腕もあがってきてる、と信じています(苦笑)。

| かいつう館の目指すこと | 17:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
たとえば首痛の整体
たとえば、首痛で首が特にどちらかに回らない、首を回すと痛い、とします。 

骨格矯正的なところでは、頚椎や胸椎、骨盤のズレやなんかをチェックしていくと思います。 


で、リラク整体・かいつう館はとてもシンプルな発想。 
仮に首を右に向けると痛いのであれば、「右にむかせまいとする力が強い」と考えます。そういう力は左側に多い。で、左側をゆるめていくと、首は右にまわるようになったりするんです。


 仮に骨のズレがあるなら、まっすぐにしてても、どっちむいても痛いものは痛いと思うんですね。だって、まっすぐ向いてる状態のときからズレているわけですから。 でも、動かすと痛い、ということであれば(動かさなければ痛くない、ということであれば)、動かすおおもと「筋肉」が傷んでる、と考えたほうがストーリーとしてはすっきりおさまるんです。 


首が痛い→痛いから右を向けない→右を向くと痛い→右を向くときに使ってる筋肉が傷んでる→傷んでる筋肉は使うと痛い→だから右を向けない・・・・ こんな風に発想していくんです。 


だから、首にこだわらずに硬くなって動きの悪くなってる筋肉をゆるめてやれば、首はスムーズにうごくようになりやすい。 

つまり、首が痛い、というのをワンクッションおいて、「首を動かすと痛い」というふうに表現すると「あ、筋肉かも」って思い至りやすいんです。 

あとは筋肉をゆるめるだけなんで、シンプルな技法で施術ができるというわけです。


公式ホームページはコチラ
| - | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
たとえば肩こりと整体
 肩こりのお客さんについてはうちのリラクゼーション部門が受けもってくれるときが多いんですが。

たまに「整体で」というお声がかかることがあります。

もちろん肩こりさんに対してまったく揉まない、というのもフラストレーションがたまると思うので(苦笑)前半はしっかりとほぐしていきながら後半は整体的な「考え方」をいれてやっていきます。

整体的なテクニックじゃないですよ、考え方ね。

肩凝りもつきつめていくと、こってる感覚以外に、「肩が重い」「肩がつりあがってる感じがする」とかコリ感以外にもいろいろあります。

そういうのをとっていくんです。

発想はまたまたシンプル。

肩が重い?
肩が下に引っ張られてるからそれを持ち上げ続けているのが重いのでは?
じゃあ、下にあるもの、腹筋群の影響か?とか。

猫背になると肩や首は前に落ちますよね。それをぐっと持ち上げ続ける、そのために肩がつりあがっているような感覚を覚えるのか?とか。

ね?シンプルでしょ。

テクニックじゃなくて、考え方、というのはこういうことなんです。
人体の感覚はこれこれだから、ここが原因か?というストーリーを組み立てる。このお客さんの言葉に合わせてストーリーを組んでいくのがリラク整体・かいつう館の特徴でもあります。

ネックは肩凝りの人は別におなかを揉んでほしいわけじゃないから、「そんなこと」を望んでいない人はマッサージを受けられたほうが気持ちいいかなあ、ということでリラクゼーション部門と住み分けしてるんですね。

公式ホームページはコチラ
| - | 18:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP