尼崎で歯医者を目指す整体院!?

尼崎市で他とはちょっと違う整体院をやってます。とは言っても普通に肩こり・腰痛・頭痛・肩痛・膝痛なんかの症状を手だけで施術していくだけ。骨盤矯正的なバキボキも入ってない、という優しいメの整体院です。ではなにが違っているのかと言うと・・・・
実は、リピーターの「少ない」整体院がウリであり、目標なんです。
そのわけは・・・。
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< たとえば背中痛と整体 | main | たとえば膝痛と整体 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
たとえば体の歪みと痛み
 「体が歪んでいるので(腰が、首が、膝が、肩が)痛いんじゃないかと思うんですよね・・・」とお客さんの方から自己申告してくださることがあります。

ですが、リラク整体・かいつう館の考え方は逆です。

「痛いから、痛みから逃げようとして歪む」んだと思うんですよ。

腰が曲がってる人は、伸ばすと痛いから、曲げている(ゆがめている)んだと。
曲げているから腰が痛いんじゃなくて、ね。

誰だって、痛いことはキライでしょ?
そしたら、痛かったらそれを止めようと思いますよね。
自分の体を痛くない方向へもっていこうとするでしょ?

そういうことです。

腰が90度くらい曲がったお年寄りがいます。
そのマネをしてみてください。

辛くて我慢できないでしょ?

体の歪みが原因ならお年寄りは背中をしゃんと伸ばしたらいいんですよ、楽なんだから。

違うんです、曲げてるほうが楽な人がいる、ってことなんです。
あの方たちの背中を矯正してまっすぐしたらどうなるんでしょうね。悲鳴があがるかもしれません。

そもそも体を前に曲げたくなるような「痛みとか、なにか」があった。その痛みをカバーできる姿勢がたまたまあのカタチだった。あのカタチが楽であったためそれが定着した。
と想像してみるんです。


そうであれば、痛みのある人に限っての話ですが、
歪みを矯正して痛みを取るんじゃなくて、
痛みをとってから歪みをとるべきなんだろう、って思うんです。

痛みさえなければ、自然なスタイルが楽なはずです。痛みのない人にとって歪んだ姿勢はツライだけなんですから。

だから、歪んでいて尚且つ痛い人は、「まず痛みをとってそれから歪みのことを考えたらいい」と思うんですね。

公式ホームページはコチラ
| 各種症例編 | 00:01 | - | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:01 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
この記事のトラックバックURL
http://kaituukan.jugem.jp/trackback/14
トラックバック