尼崎で歯医者を目指す整体院!?

尼崎市で他とはちょっと違う整体院をやってます。とは言っても普通に肩こり・腰痛・頭痛・肩痛・膝痛なんかの症状を手だけで施術していくだけ。骨盤矯正的なバキボキも入ってない、という優しいメの整体院です。ではなにが違っているのかと言うと・・・・
実は、リピーターの「少ない」整体院がウリであり、目標なんです。
そのわけは・・・。
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
産後の腰痛は骨盤・・・とは思えない

 二人目を出産してから腰が痛い、というお客さんが来られました。
産後の骨盤が歪んで、または開きっぱなしで・・・。

まあ、そういうこともあると思います。

でもリラク整体・かいつう館ではお腹の筋肉を重視します。

こういう業界の先生は、男性が多いですよね。
出産を経験することはありません(苦笑)。

検査する→骨盤が正常なときと違う→骨盤の歪みが原因だ。
頭では理解しやすいですね。

ところが、ですよ。
出産なんていう大事業は。
むっちゃ全身の筋肉を使います。
40数時間、分娩にかかった知人もいます。

そのハードワークの方が、骨盤の影響よりも大きいと思うんです。
筋肉にかけた負荷のものすごさを男性先生はイメージできないんじゃないか、と思うんです。
出産に関してはそのダメージがまだ腹筋群に残っているのではないか、と推測するんです。

このお客さんは「寝るとき(体をまっすぐにして布団に入るとき)が痛い」「寝起きが痛い(上半身を起こすとき)」「抱っこしてるときが痛い」とおっしゃってました。

これ以外のときは腰は痛くないんだそうです。
でも骨盤の歪みが腰痛の原因だったら、歪んでいる限り、どんな動きでも痛そうなもんでしょ?そんなことは言ってないんですね。腰をひねろうと曲げようと痛い、とは感じないんだそうです。まず、そこでつじつまが合わないんです。

だって骨盤の歪みが原因なら腰をひねったら痛そうなもんですよ。

そして痛いときの動きは全部、「腹筋群」に力を入れる動きなんです。
上半身を起こす、寝かせていく、これは「腹筋運動そのもの」でしょ。
抱っこするときも、力をためているのは腹筋です。
つまりこのお客さんは「腹筋に力を入れると腰が痛い」と表現してるんですね。


そうなんです、お客さんの表現している痛みのシチュエーションを理解すると、答えはもうそこに見えているんです。

公式ホームページはコチラ

| 各種症例編 | 17:54 | - | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
生理痛
 生理痛といった症状でもこれまで書いてきたのと同じ考え方で整体をやっていきます。

全身の筋肉のバランスをみて、そのバランスを実際に筋肉を触りながらとっていきます。
生理痛であってもふくらはぎや肩こりなんかもやっていくわけです。
生理自体が、体の機構として含まれたことであるなら、体のどこにヒズミがあっても生理に影響を与える可能性を無視できませんから。

骨盤も、と言いたいところですが、重視するのはお腹の筋肉ですね。
これが硬くなっているとその下の内臓の動きも悪くなるじゃないですか。
もちろん、お腹を足をつないでいる大きな動脈・静脈も硬くなった筋肉に圧迫されて腹部と足の血流が悪くなっちゃいます。

うちとしては骨盤という外側よりもお腹の筋肉という内部の組織に重きを置いてるんですね。
卵巣や子宮の上ではそっと手をかぶせるように置くこともします。
これ、気持ちよくてうとうと〜〜〜ってなりますよ(笑)。

そのうえであとは頭。ひとつは頭蓋骨。
ここの微調整をします。ホルモンとかの分泌指令を出しているのは脳でもあるし。

可能であれば、うちなりにストレスにもアプローチしていきます。
ストレスがキツイと自律神経がブレてきて、結果的にホルモンを出す脳に影響をあたえてしまうのと、痛みに対する感受性がきつくなってくるから。

生理痛であっても、人体の一部のお話。
だから人体丸ごと、脳も含めて、ゆったりと施術していくと、テキメンに軽くなる人がおおぜいおられます。

公式ホームページはコチラ
| 各種症例編 | 23:49 | - | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
考える整体
 前にうちの整体のやり方をいっしょに勉強してた方が、自分の肩痛を勉強もかねて施術をうけにきてくれたんです。



そのときに、「ここのやり方をしって、視点が広くなったのが良かった」とおっしゃってくれました。たとえば、ということで話してくれたのが、



サッカーの観戦でお尻をつけない座り方をしていて(中腰か?)それ以来、足首が痛くなった。病院や接骨院に2ヶ月ほどかかっているが、良くならない。



そういう方だったんだそうです。
で、その人は「スクワットみたいなことをしていて足首を痛めた、ということか。そうしたら、この方の足首痛は、『膝』か」と自分で考えて膝を施術したら一発で取れたんだそう。すげー。



別に僕はマニュアルを作って教えてあげたんじゃないんです。原理原則を伝えただけ。でこの原理原則があれば、自分で考えることができるんです。
この人は自分で考えて膝だ、と導き出したってことです。



こうなると、整体ってとっても面白いんですよ。ねっ。


公式ホームページはコチラ

| 各種症例編 | 22:53 | - | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
膝痛の訴えを真正面から聞いてみよう

 これはメルマガに書いたものです。
テーマは膝痛ですが、読んでいただければ「整体やカイロ、医学的なものも含めて、何を変えればもっと改善するだろうか」といったポイントがつかんでもらえやすくなると思ったので再録しておきます。


月に一回、サッカーをされている社会人の方が
一年前に膝をひねってから膝痛で、とご来店。


またいつものごとく膝痛のでるときの状況をお聞きしていくと。


寝起きに膝が痛い。
デスクワークしてて立ち上がるときが痛くて歩き出すと楽。
まっすぐに走っても膝は痛くないが、方向転換で膝を捻ると
膝が痛い。



もう、言いたいことはおわかりですよね。
骨盤?腰椎?膝関節?


それらが「おかしい」とは思えないでしょ?


サッカーで走ってるんですよ?それでも痛くないんです。
膝関節に異常があったらそんなこと不可能ですよね。
むしろ、立ち上がるときより歩くという膝を使う行為の
方が楽なんだから。


もちろん骨盤の歪みや腰椎のズレが原因として、
それは全力疾走しても膝に痛みをもたらさないとしたら、
・・・・どうなんでしょうね、それ。
あまりにもチャチな歪みなんでしょうかね。



膝が痛いとしますよね。
そうしたら、「静止状態」で検査することが多いでしょ。
レントゲンとか、骨盤や腰椎の触診とか、足の長さを確認
する、とか。


それは大事。それがないと「大事なことを見落として最悪の
ケース」になっちゃうことがあるから。


でも、患者さんの話を聞くことも大事ですよね。
どう考えても「ワタシ、膝には異常ないんです」
「固まった状態から動き始めるのが辛いんです」
「逆に動き出すと膝は楽なんです」
「ただ、捻るときは膝は痛いんです」
とちゃんと教えてくれてるんですから。


ちなみにこの方は「捻るときに負荷がかかってる筋肉」を
しらべてアプローチしたら、捻っても痛くなくなりました。
はい。


つまり「こうやって動いたら痛い」という訴えに対して、
骨のズレで説明のツジツマが合わなかったら、
「動いてるのは筋肉だからそっちか」って考えていく。


そこなんですよ、言いたいのは。

 

 

 

公式ホームページはコチラ
URL <a href="http://www.geocities.jp/kaituu2000/ ">

| 各種症例編 | 22:53 | - | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
ヘルニアを考えてみると・・・

 うちのお客様で腰痛の方からお聞きしたのですが。
数年前に立てないくらいの腰痛になったときに病院で
「軽いヘルニアですね」といわれたんだそう。ヘルニアだけどそんなにひどくないよ、という意味らしい。実際に3日もすれば痛みは消えたそうです。

でも軽いヘルニアってなんなんでしょう?
椎間板の一部が飛び出して、「神経を圧迫している状態」に重い軽いがあるのでしょうか?素人考えですけど、神経になにかが触れてたらたまらないような気がしますよね。
もちろん飛び出したヘルニアの「大きさ」が大きいほど「重いヘルニア」なんだろうということはわかっていますよ。で、大きく触れて強く圧迫してるから症状も重くなる。なんとなくは納得できるんですが(汗)。

でも、神経を圧迫していれば重いも軽いもないような感じがしません?
それに、痛みの消えた三日後にはヘルニアはどうなっていたのでしょう。
消失していたのか、相変わらず飛び出して神経を圧迫していたのか。
少なくとも神経に当たっている限り、「軽い」ヘルニアであろうと症状が消えるとは思えないのですが・・・・・。

では痛みがなくなったのだからヘルニアもなくなったのでしょうか。
うーん。

根本的な疑問として。
軽いヘルニアなら、腰痛がなくなることがあるなら
そのヘルニアは腰痛の本当の原因となりうるのか?という疑問がわいてきちゃいます。

そして軽いヘルニアなら腰痛の原因となりうるのか、という問いかけは、
重いヘルニアだけは腰痛の原因となりうると言い切っていいのか、という新たな問いかけを生んでいきます。

ヘルニアがあっても腰痛ではないときがある(治ってしまうときがある)という事実は一体なにを教えてくれているのでしょうか。

少なくともヘルニアがあっても痛くない人がいる、というのは大きな希望なんですよね。そこをよく考えてみたいと思います。
http://www.geocities.jp/kaituu2000/">公式ホームページはコチラ</a>

| 各種症例編 | 15:53 | - | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
たとえば肩痛のストーリー

 荷物を片手でもっていて、ちょっとバランスを崩して少しだけひねりかけたときに肩にズキッと走って、、、それ以来肩痛で、という方の話です。

その方は腕を後ろに伸ばすと痛い(歩いていて、腕を前後に振る、その後ろ側にいくときね)。背中をかくと肩が痛い。足を投げ出して両手を体の後ろについて上体をささえてテレビを観ると肩が痛い。

そんな症状でした。

で、そうやってひねって肩痛になったんだから、骨のズレは疑わなくていいと思うんですよ。
骨がズレて→バランスを崩して→肩が痛くなった。んじゃないですからね?
バランスを崩して→腕をひねって→肩が痛くなった。んです。骨の歪む隙がないでしょ?

この方の症状を分解していくと、
腕を後ろに「伸ばせない」→どこかが縮んでいるんです。
背中がかけない→肘あたりがうまく曲がらないんです。
腕を伸ばして体重を支えられない→支えるべき筋肉が傷んでいるんです。

ってまあ、そんなに簡単じゃないけど、そういうことが読み取れます。

あとは読み取ったストーリーにそってマトを絞っていく。

肩が痛い→どこの骨が原因か?という固定観念ははずして、
肩が痛い→どういう症状があるのか?→その症状はなにを意味しているのか?
というストーリーを組み立てていくんです。


<a href="http://www.geocities.jp/kaituu2000/">公式ホームページ</a>

| 各種症例編 | 15:51 | - | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
頭痛の薬害の一面?

 このまえ、お客さんからこんな話を聞きました。
頭痛に関したことなのですが、お客さんの知ってる人が、頭痛で薬を飲んでいて、「頭痛以外の痛みまで知らないうちに抑えてしまっていて、頭痛以外の病気が進んでしまっていた」ということでした。


市販薬なんかを見てもらえればわかりますが、頭痛、生理痛、虫歯痛、腰痛、発熱・・・といろんなことに「効きます」よね。


そうしたら本人は頭痛で薬を飲んでいても、しらないうちに新たに発生した異常を教えてくれる「痛み」さえも「勝手に」抑えてしまっていて気づかなかった、ということがあるんでしょうね、このお客さんの話だと。



痛みそのものが悪いんじゃないんですよね。本当は。痛みは結果ですから。
痛みを消してみても原因は残ったまま、ということもあるわけで。


もちろん、大事な仕事もあるし、デートなんかもあるだろうし、、で薬を飲むことまでは反対しませんが、「いつもの頭痛」であっても定期的には病院に行ったほうがいいだろうし、整体のように薬を使わないで頭痛を軽減しよう、てとこにも目を向けてもらえたらなあ、て本当に思います。



とはいうものの・・・
頭痛のときって、整体院まで行けませんもんね。だから薬ゼロは無理としても、意識して減らしていくお手伝いができれば、と思うんです。

http://www.geocities.jp/kaituu2000/←公式ホームページはコチラ

| 各種症例編 | 15:43 | - | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
肩が重い、首が重い
 腰痛で来てくださった方が、ついでとして「肩や首も重いんです」とおっしゃってました。
痛い、とかコリ、とかとはまた違う感覚らしい。

で、どういうわけか「お腹」が大事みたい。

もちろん、胃や腸の調子が体に現れることも多く、内臓の不調から肩首にくることもあるのです。

それ以外にも、お腹の筋肉が必要以上に硬く絞られると、結果的に体は前傾します(一種の猫背ですね)。お腹の筋肉が短く絞られると、それに引っ張られるカタチで上体が前に(お腹の方に)寄ってくるからです。

そして、中心から外れた部分は、もろに重力の影響を受けることになるのです。この場合は、肩首です。これらが前に来すぎてしまう。
体はその重力に逆らって立っていなくてはなりませんから、中心線から外れていればいるほど、重力に抵抗する力もよりたくさん要ります。

たとえば買い物袋を持つときに体にぴったりとつけて持つのは負担が少ないですが、体から5センチでも離そうものなら、10秒と持っていられないくらいに、買い物袋が「重く」感じるように、です。

仮に症状としては肩や首に不調であっても、お客さんの訴えが「痛いのか、重いのか」でそういうところまで想像していったほうが結果がでやすい、というのがうちの整体の考え方です。

公式ホームページはコチラ



| 各種症例編 | 22:56 | - | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
分離スベリ症が100パーセントその腰痛の原因か

 分離すべり症だと診断された「スポーツ」している女性が来てくださったことがあります。電話でいろいろ質問されてこられたので、説明したうえで。

個人的には、分離症やすべり症でしかも現役でスポーツしている、って手がでないときもあるかと思うんですが、話をお聞きしていくなかで「これなら」という気がしたんです。

お聞きすると一年前と今とでは、レントゲンによると「分離すべり」症の度合いは大きくなっているらしいんです。でも、一年前と比べて極端に悪くなっているようではないような。

一般的にこの業界では骨盤の歪みや腰椎のズレってうるさいくらいに言いますよね(苦笑)。ところで分離症とかすべり症って歪みやズレの域を超えてますよね(汗)。わずかな腰椎や骨盤のズレでも「腰痛の原因だ」とかって言ってるのに、スベリ症とかでスポーツが出来てること自体、矛盾してないですか?腰痛はあるにしても、ですよ?ズレとか歪みのレベルじゃないですよね。

実際に施術を終えてみて、「張り感がゼロになったわけじゃないけど、だいぶ楽になりました」とおっしゃっておられました。でも、結果を自慢したいとかじゃなくて、実際に帰られてからがどうだったか、はわかりませんし。それはともかく。


施術を終えたって、分離スベリ症であることには変わりないんです。「その現象を直した」わけじゃないので。であれば、分離すべり、、、の状態には変わりないから、もしそれだけが腰痛の原因だったら「楽になること自体が矛盾してる」ってことになりませんか?

つまり、分離スベリ症でありながら「楽になる」のであれば、分離スベリ症だけがその方の腰痛の要因である、とは言い切れない、ということになってきますよね。

そこにまだ希望があると思うんです。

http://www.geocities.jp/kaituu2000/←公式ホームページはコチラ

| 各種症例編 | 16:53 | - | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
腰の張り、は本当に「腰」の張りか?

スポーツをやっている方で分離・すべり症と診断されたお客様に、「今の症状」をお聞きしたんです。今とは、お店に来て腰掛けているまさにそのときです。
そうしたら、「腰の張り」だとおっしゃるんですね。


で試しに体を前に前に曲げてもらったところ、「張り感は消える」らしい。でも、後ろにそらすと「張り感が強くなる」のだとか。


分離・すべり症だから「反ったら症状がきつくなるのは当たり前じゃないか」て流したくはないんですね。


その方は「今は張り」だと言っているのでその言葉にこだわってみます。
念のために「こりでもなく痛みでもないんですね?」と確認しました。


張る、とはピーンと伸ばされた状態。それを腰に感じているんです。
ですので、前屈したら伸ばされた腰がさらに引き伸ばされるので、もっと張り感がきつくなってもいい。


でも訴えてるのは逆なんです。前に曲げると楽になるんです。
反ると腰の「距離は短くな」るので張り感もゆるんできそうなもの。
伸びた感覚が縮められて楽になるはずでしょ。
でも、これも逆だとおっしゃるんです。


じゃあ、「前に曲げると縮み(張り感が消える)、反るときに伸びているところ(伸びて張った感じがする)ところ」を考えていけばいい、てことになると思うんです。


分離症やすべり症のすべてに手がだせるほどの腕はありませんが、まずは訴えを聞いて「素人考え」をしてみるんです。
「伸ばしたら、もっと張るんじゃないのか?」
それが現実にそぐわないなら、「想像している以外のところが伸びている」ていうことなんじゃないのか?


体はそしてお客さんも「常識にとらわれるよりも、現実にこだわれ」
そう言っているような気がします。



公式ホームページはコチラ

 

| 各種症例編 | 10:53 | - | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP